【必見!】女性に欠かせない○○のニキビ改善テクニック!

こんにちは!

 


今回は、化粧について

お話ししたいと思います!

 

 

f:id:Momo561618:20181122011123j:image

 


女性ならほとんどの人が

毎日行いますよね。

私たちにとって、

習慣となっている化粧。

 

 

f:id:Momo561618:20181122011134j:image

 


でも、ニキビに悩む時って

化粧どうしたらいいのか、

すっごく悩みませんか?

 


"どの化粧品が自分に合うか

わからない"

"なにを基準にどうやって

選べばいいの?"

 


などなどいろんな疑問が

浮かびませんか?

 

 

f:id:Momo561618:20181122011202j:image

 


私はそうでした。

 


この記事を読めば、

そんなことに悩むことは

なくなります!!

 


自分に合った化粧品を

正しい方法で使えるように

なるので、

 


化粧品によって荒れていた肌は

みるみる良くなっていきます。

 

 

f:id:Momo561618:20181122011328j:image

 


それどころか、

自分に合った化粧品を

正しい方法で使うということは

 


ニキビの改善だけでなく、

これからニキビのできにくい

美肌作りに効果抜群!

 

 

f:id:Momo561618:20181122011623j:image

 


これであなたは

ぷるぷるの美肌になって、

友達から羨ましがられます。

 

 

f:id:Momo561618:20181122011537j:image

 


今まで疎遠だった恋愛にも

ニキビのせいで

人前に立つことが苦手だった

としても、

 


前向きになれます!

自分に自信が

生まれるんですから!!

人生に彩りが添えられます!

 

 

f:id:Momo561618:20181122011441j:image

 


でも、これを知らなければ、

あなたはずっと化粧を

どうすればいいか分からず、

 


自分に合う化粧品も、

その正しい方法も、

分からないままです。

 


恋愛なんて一生できないし、

人前に立つことも

一生苦手なままですよ。

 

 

f:id:Momo561618:20181122011454j:image

 


自分に自信が持てないままで

いいんですか?

 


よくないですよね。

 


そのために

私が今回紹介したいのは、

化粧水についてです!

 

 

f:id:Momo561618:20181122011554j:image

 


ニキビには肌を

乾燥させないための

保湿ケアが欠かせません。

 


中でも化粧水は

肌を柔軟に整えて

潤いを与える大切な

アイテム。

 


正しい保湿ケアで、

肌の奥までうるおい成分を

満たしていきましょう。

 

 

f:id:Momo561618:20181122011607j:image

 


化粧水のポイントを

ご紹介します!

 


まずは、洗顔後はできるだけ

早く化粧水を付ける

 

 

f:id:Momo561618:20181122011623j:image

 

 

洗顔後の肌水分は

時間と共に猛スピードで

逃げ出してしまうもの。

 


洗顔後は、できるだけ早く

化粧水を塗布しましょう。 

 


次に、ハンドプレスで

包み込むように付ける

 

 

手のひらを使うことで、

ニキビの肌への刺激を最小限に

抑えることができます。

 

 

f:id:Momo561618:20181122011650j:image

 


手のひらの暖かさで浸透率が

高まり、リラックス効果も。 

 


重ね付けは2~3回まで

 


重ね付けは保湿をする上で

効果的なテクニック。

 


しかし、肌が保持できる

水分量には限りがあり、

沢山付ければ良い

というものではありません。 

 


何回も付け過ぎてしまうと

摩擦や刺激の積み重ねで、

逆に肌の負担にも繋がります。

 


あまり神経質にならず、

重ね付けは2~3回程度に。 

 


では今すぐ、

化粧水の蓋を開けましょう!

 


そしてこのノウハウを

実践してください!!!

 


このノウハウで

みんなが羨む、

テレビの女優さんのような

美肌を手に入れましょう!

 

 

f:id:Momo561618:20181122011708j:image

 


最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!